歯への投資

あなたの舌はどこにある?出っ歯の原因となる恐怖の舌癖と改善トレーニング

私は出っ歯です。

正確に言うと、自分や他人からは認識しにくい『隠れ出っ歯』です。

一度も出っ歯なんて思ったことはないし、他人から言われたこともない。

 

けれど、矯正を始めて横からの写真を撮った時、初めて気づきました。

前歯が外を向いてる・・・と。

歯の模型と比べると以下の通りです。

いやぁ、けっこうなものです。

 

 

出っ歯の原因

 

大きく分けると、出っ歯の原因は2つあります。

先天的出っ歯

生まれ持った骨格や、顎の大きさに対して歯が大きいなどの条件から、歯が並びきれずに前に押し出された状態。

歯列矯正で直すことが可能です。

※重症症例の場合は外科的手術が必要なこともあります。

後天的出っ歯

もともとは出っ歯ではないが、無意識に行っているクセや習慣で歯が前に押し出された状態。

実は、出っ歯の7割がこちらの『後天的出っ歯』なんですって。

これが原因の出っ歯は、お金をかけて歯列矯正しても再び出っ歯になる可能性が非常に高いです。

私は、出っ歯の原因になる『クセ』があるなんて考えたこともありませんでした。

だって、自分が出っ歯だってことに気づいていなかったくらいですから・・・。

 

『指しゃぶり』も出っ歯の原因ですが、今日は自分では気づきにくい『舌癖』について

 

 

舌癖とは

 

舌癖とは、つねに舌で前歯を押し出したり、嚥下時に舌を出したりする癖のことである。口腔習癖のひとつであり、弄舌癖や舌突出癖とも呼ばれる。
舌癖の起こる主な原因は、アレルギーや鼻閉塞、口蓋扁桃肥大などの鼻咽腔疾患をはじめ、精神学的要因や口呼吸、指しゃぶりなどの口腔悪習癖、口蓋の変形、歯列不正などさまざまなものがある。これらは重複して起こる場合が多く、舌や口唇などの機能と歯列の形態が互いに影響し合っている。

Quint Dental Gate HPより

 

私は『アレルギー性鼻炎』『病的扁桃腺肥大』のため、長いこと鼻呼吸ができませんでした。

現在、鼻炎は治療薬によりコントロールできているので鼻の通りは問題なく、扁桃腺は全摘手術を受けたので肥大していません。

けれど、習慣化した口呼吸を大人になって治すのは、なかなか大変です。

 

長年口呼吸を続けてきたことにより、舌や口の周りの筋力が衰え、私の舌はいつも前歯を強く押している状態です。

そうなると、以下のような負のループにはまりこみます。

 

ステファニーは完全にこの状態。

『出っ歯』『いびき』『二重顎』『アデノイド顔貌』という、口呼吸の四重苦に苦しめられております。

ちなみに、口呼吸をすると口の中が乾燥して虫歯リスクも高くなるんですよ!

 

 

 

舌の正しい位置

 

 

正しい位置:舌全体が上顎にぴったりくっつき、舌が前歯には触れません。

 

間違った位置:舌が前歯に当たる。舌が下の方にある。

 

私の舌は、上下の前歯の真ん中あたりにいつも触っています。

油断すと強く押しています。

 

 

舌を正しい位置に戻すには?

 

・意識して、舌を上あごにつけるようにする

・鼻呼吸を意識して行う

・舌の筋力を鍛える

・口周りの筋力を鍛える

 

これら4つを組み合わせてトレーニングするのが効果的です。

トレーニングは出っ歯を防止するだけでなく口呼吸の習慣も改善するので、『いびき』『二重顎』の改善にもつながります。

 

 

おすすめトレーニング

 

口にテープを貼って寝る

口呼吸をしている人は、寝ている間も自然に口が開いています。

寝ている時間ってけっこう長いんですよね。

その時間を鼻呼吸トレーニングに使いたいので、私は口にテープを貼って寝ています。

『いびきを軽減する』という効果もモチロンあるのですが、朝起きた時にテープによってちゃんと口が閉じられていると、舌が上顎にぴたりとついているんです。

 

方法は簡単。少し感覚をあけて縦に1~2本貼って寝るだけです。

1本なら口の中央。

2本貼るならこんな感じ↓↓↓

最初は「苦しいのでは?」「息ができなくて死んだらどうしよう」と不安でいっぱいでした。

貼るのがガムテープなど、簡単に剥がすことができないようなものであれば問題ですが、医療用テープは頑張って口を開ければ剥がれてしまう程度の粘着力です。

鼻の通りが悪い日は、朝には剥がれているので問題ありません。

 

注意点

1.テープが剥がれてしまうと効果がないので、保湿クリームなどで唇周囲がべたついている時はしっかり拭き取る。

2.セロハンテープなどを使用すると肌荒れの原因になるので、必ず『医療用のテープ』を使用する。

 

市販の商品もありますよ。

 

 

 

 

【スマホアプリ】いびきジム:いびきを低減

タイトルは『いびきを低減』なのですが、『舌・軟口蓋・頬・顎』の筋力を鍛えるトレーニングアプリです。

舌や口周りの筋力トレーニングには色々な方法がありますが、自分でメニューを考えるとやり忘れるメニューがあったり、自己流の方法になってしまったりします。

その点、このアプリは動画で確認しながらトレーニングを行えるので効果的。

私も実際に使っています。

・トレーニングの方法を動画で説明してくれるのでわかりやすい

・記録が残るのでモチベーションアップ

・リマインダー設定で、やり忘れを防止できる

 

App Store いびきジム:いびきを低減

Google Play いびきジム:いびきを低減

 

 

【スマホアプリ】鼻呼吸トレーニング

さかぐち小児・矯正歯科医院が作成したアプリです。

ポジショニングチェックで、正しい舌の位置が理解しやすいです。

App Store 鼻呼吸トレーニング

Google Play 鼻呼吸トレーニング

 

 

まとめ

・舌癖があると、矯正で歯並びを直してもまた出っ歯になる可能性が高い
・舌癖は・出っ歯・口呼吸は負のスパイラル
・舌癖は出っ歯・二重顎・いびき・アデノイド顔貌を引き起こす
・治すには正しい舌の位置を知り、舌や口周りの筋力トレーニング・口呼吸トレーニングすることが必要
・就寝時の口テープ、トレーニングアプリが効果的
・トレーニングするといびき、二重顎も改善する

 

『出っ歯』の予防だけでなく、『いびき』『二重顎』にお悩みの方もぜひお試しください!

 

 

 

 

 

みなさんのGOOD LIFEを願って。

Lots of love ,  ステファニー

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

 

 

 

 

 

矯正関連の人気記事はこちら↓↓↓

大人の歯列矯正いくらかかるの?実際にかかった金額大公開!「矯正にはいくらかかるの?」という、みなさんの疑問にお答えします。タイミング別の料金、矯正を始めてから実際にかかった料金、矯正終了までにかかる金額の概算をご覧ください。見たら驚くかも・・・。...
アラフォーで歯の矯正を始めた5つの理由、始める前の6つの不安に対する感想41歳で歯列矯正を始めたステファニー。『矯正前に不安に思っていた事6つ』『矯正を決断した理由5つ』『実際矯正を始めてみて、矯正前に抱いていた不安はどうなったのか』について、本音で解説します。...
良い矯正歯科の選び方|信頼できる歯科医を3つのタイミング9つのポイントで見極める矯正を始めようと思ったら『どうやって矯正歯科を選んだら良いの?』と、悩みますよね。高いお金を払って、長い時間を費やして、痛みを我慢して矯正を行うのだから、絶対に失敗したくない。当然です。信頼できる歯科医を、3つのタイミング7つのポイントで見極める方法についてシェアします。 ...
歯列矯正の痛みランキング/強さは?期間は?対処法はある?みんなが気がかりな歯列矯正の痛みを、ファイススケールを使って客観的にランキング。どんな感じでどの位痛いの?どの位続くの?対処法はある?のギモンにお答えします!...
ABOUT ME
ステファニー
ステファニーが運営する、ゆる暮らしブログ。 主に〚歯への投資〛〚SBI証券で積立NISA/米国ETF/米国個別株〛〚ゆるりと幸せに生きるための知恵〛についてUPしています。