つれづれごと

大きな失敗をしたときの乗り越え方|7つの方法

人生には失敗がつきものですよね。

みなさんは、何か大きな失敗をしたことはありますか?

 

私はつい最近、仕事で大きな失敗をしました。

失敗をした時は、ショックと恥ずかしさで血の気が引き、倒れそうになりました。

やがて後悔と自分に対する怒り、「みんなにバカにされるのではないか」「みんな私のことを笑っているのではないか」「呆れているのではないか」

という被害妄想に変わっていきました。

 

はぁぁぁ、辛い。

もうそうなると針の筵です。

「仕事をやめちゃいたい」とか、「誰にも会いたくない」とか、「何もかもどうでもいい」「自分はなんてダメな人間なんだ」とか。

自己否定の嵐が吹き荒れました。

 

 

失敗して辛い気持ちの正体

「ショック」「恥ずかしさ」「後悔」「怒り」は、全て自分を認めてほしいという承認欲からくるものです。

失敗する前は、成功して皆に認められる姿を想像してしまうものですよね。

失敗する姿なんて想像もしないと思います。

いや本当は、失敗もチラッと頭をよぎりますが、都合の悪い事はできるだけ考えないようにして、みんなが自分を認め、評価してくれる明るい未来を夢見てしまうのではないでしょうか。

承認欲求は、必ずしも悪いもではないのですが、満たされないと、負い目や劣等感や不満を生み出し、苦しみを作り出す原因となるのです。

 

 

乗り越えるための具体的方法

自分が感じている感情を受け止める

すぐに立ち直ることは、なかなか難しいですよね。

心の中では、内なる批判者が自分を責め続けます。

その声をただ聞いていると負の感情に飲み込まれてしまうので、まずはその時感じた気持ちを声に出してみましょう。

「悔しいんだな」

「悲しいんだな」

「恥ずかしいんだな」

客観的に言葉にして、自分の気持ちを確認してみましょう。

 

 

普段の自分を振り返る

「バカにされているかもしれない」「笑われているかもしれない」「失望されているかもしれない」というのは、被害妄想。

つまり、ただの妄想に過ぎません。

またそれらの妄想は、自分が普段、他の人を心の中で批判していることの裏返しでもあります。

他人の行いに対して何も感じていなければ、自分がそう思われるなんて思いつきもしないのです。

 

 

確かめようのない事は考えない

周りの人が、自分のことを実際どう思っているのかなんて、知りようがありません。

実際に陰で悪口を言われていたとしても、相手の心の中の問題なので、自分とは関係のない事です。

他人のことを批判的に見る人は、自分のことも責めて苦しんでいる人なのです。

それに人間って、それほど他人には興味がありません。

人の噂も七十五日。

他人のことをいつまでも考えている人って、意外に少ないものなのです。

 

 

自分を否定しない

人生に失敗はつきものです。

失敗しない人なんて、誰一人としていません。

落ち込まない。凹まない。自分を責めない。振り返らない。悲観しない。

「失敗から何を学び」、「これからどうするか」という事だけが大切なことです。

今自分にできることに専念しましょう。

私は、内なる声が自分を否定しだしたら、「こんなことで自分の価値は変わらない」と呟くようにしました。

何度も呟くと、不思議と気持ちが楽になります。

こんな風に自己暗示をかけるのもオススメですよ。

 

辛い時に読むと救われます↓↓↓

 

 

言いたくない事こそ自分から言う

必ず皆が知ることになることは、自分から言ってしまえば案外スッキリします。

沈黙を続けることで、触れてはいけないタブーのようになり、周りに腫れ物のように扱われるのも辛いものです。

また、憶測が飛び交う前に、少なからず真実や自分の思いを伝えることもできます。

ただ、言い訳をするのはお勧めしません。

 

 

今日あった良い事を3つ思い出してみる

小さなことでもOKです。

こんな小さな喜びを思い出してみて下さい。

「すっきり便が出た」
「誰かが話しかけてくれて、楽しく話ができた」
「今日食べた〇〇が美味しかった」
「体のどこにも痛みを感じずに過ごせた」
「駐車場の最後の一台に滑り込んだ」
「テレビの星占いで1位だった」
「命にかかわる病気にかかっていない」

何でもいいんです。

辛い時は、辛い事にばかり目が行きますよね。

そう。人間は当たり前の幸せには気づかないんです。

小さな幸せを数えてみると、失ったものだけではないことに気がつきますよ。

 

 

掃除・片付け・断捨離

環境が整っていないと、心の中もゴチャゴチャします。

部屋は心を映し出す鏡です。

不要な物を捨て、必要なものだけに囲まれると、不要な感情も減っていき、「心機一転、頑張ろう」という気持ちも湧いてきますよ。

自己肯定感を高める方法~心地よい部屋に住むと心がラクになる部屋は自分の心をうつす鏡。 「どうしてこんなに苦しいのか」「どうして理由もなくイライラするのか」「どうしたら自己肯定感を上げられるのか」と感じている時、お部屋を整えることで解決に一歩近づきます。 ...

 

 

まとめ

失敗をしたことがない人は、1人もいません。

失敗したという事は挑戦した証でもあります。

とにかく、自分を否定しないで下さい。

どんなことがあっても、あなたの価値は変わりません。

 

 

 

 

 

みなさんのGOOD LIFEを願って。

Lots of love ,  ステファニー

 

 

 

 

にほんブログ村のバナーです。ポチッと押していただけるとうれしいな↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ABOUT ME
ステファニー
ステファニーが運営する、ゆる暮らしブログ。 主に〚歯への投資〛〚SBI証券で積立NISA/米国ETF/米国個別株〛〚ゆるりと幸せに生きるための知恵〛についてUPしています。