お金の話

我が家のお金の教育プラン10項目&本当に役に立つ動画2選|10代から金融リテラシーを身に着けよう

給与明細を見ない人ってカッコいい?

私は、お金の教育を受けたことがありません。

高校卒業まで飛行機に乗ったこともなく、銀行を使ったこともなく、大金を手にしたこともありませんでした。

親にお金について教えられたことは、「お金がないと困る」「お金は恐ろしいものだ」「お金はトラブルの元」「人にお金を借りるな」「サラ金にだけは手を出すな」「真面目に働けば何とかなる」「とにかく節約しろ」「お金に細かすぎると嫌われる」「保険にたくさん入るほど安心」「(投資を含め)ギャンブルには出を出すな」「家計簿はつけろ」という事です。

浪費を勧めないだけマシですが、正しい教育でもありません。

けれど団塊の世代の人間にとっては、一般的な考え方なのだと思います。

私は子供心に、漠然と「お金は危険でトラブルの元」だと感じていました。

社会人となっても給与明細の見方もわからず、社会で暮らすためのノウハウも知らず、何となく見様見真似で毎日を過ごしていました。

同期や先輩・上司まで同じような有様で、『給与明細なんて見たことがない』とか『そんなことに頓着しない』のがカッコいいみたいな風潮がありました。

私の職場の社会人1年生は、騙されてボディスーツや美顔器・絵画・布団などのローンを組まされる人がたくさんいました。それでも働いていれば次の給料がもらえるので、そんなことは取るに足らない笑い話として流されるのが普通でした。

むしろ、『無駄遣いしない人間は卑しい』という空気すら流れていました。

就職して2~3年も経つと騙される人は減るのですが、今でも私の職場の人間は『仕事が楽しすぎて』もしくは『仕事が忙しすぎて』収入に頓着しない人が多いです。

何も考える暇もないほどただただ働き続けて、一生が終わるのです。

 

子供にお金の教育を

私は金融リテラシーの低い人間でしたが、長年お金について違和感を感じていました。違和感の理由を知りたく勉強をしていくと、今までいかに何も考えずに暮らしてきたか思い知らされました。

2022年から、高校生に向けて金融教育が始まります。

金融教育や投資に関して、世界からだいぶ出遅れた感のある日本ですが、いよいよ政府も『公民の金融リテラシー』を高める必要があるということに気づいたのですね。

 

現代は、高度経済成長時代の日本とは異なり、何も考えずに一つの会社で勤め上げさえすれば『十分な年金』が約束されていた時代とは異なります。
『何も考えずに一生懸命働く』『稼いだお金は全て貯金』というだけでは豊かになれないどころか、「気が付いたら貧困層になっていた」という可能性も大いにあります。

何も考えずに、一生懸命働けば生きていける時代は終わったのです。

自分の頭でしっかりと考え、情報を得、学び、自分で自分を守らねばいけません。

ですから、親がまず金融リテラシーを身に着け、家庭内でも子供に金融教育を行っていく必要があると私は感じています。

 

具体的な金融教育プラン10項目

我が子は中学3年生です。高校を卒業するまでにはあと3年しかありません。

そこで高校卒業までに、以下のような教育をしようと考えています。

1.お金について
2.決済方法の種類とメリット・デメリット
3.『ネット銀行』と『実店舗がある銀行』の違い、使い分け
4.税金と源泉徴収について
5.確定申告の種類と基礎知識
6.節税の方法
7.クレジットカードの仕組みと安全な使い方
8.不要な出費を抑える方法
9.保険の種類と考え方
10.投資の種類と、会社の業績の調べ方

投資に関しては、未成年口座を開設して今年から投資を始める予定です。

生まれた時から『出産祝/入学祝い/お年玉』や、『子供手当/特別給付金/養育費』は全て手つかずで子供名義で貯蓄してあります。その資金の一部を利用して、積立投資から実践してみようと思っています。

 

現在は補足しながらyoutube動画を見せ、ファイナンシャルプランナー(FP)の教科書を使って学んでもらっています。

FPとは暮らしとお金について学んだ知識を使って、相談者をサポートする専門家です。

FPは3級~1級まであるのですが、3級では以下のような内容が学べます。

1.ライフプランニングと資金計画
2.リスクマネジメント
3.金融資産運用
4.タックスプランニング
5.不動産
6.相続・事業承継

本当に基礎的な内容なので、社会に出る前に3級程度の知識をつけておくことが望ましいです。

 

教科書はこちらがお勧め↓
オールカラーで見やすく、ゆる可愛いイラストが学生にもとっつきやすいです。何より、理解しやすいようによくまとめてあるので頭に入りやすい。毎年年度に対応したものが発売されるので、受験予定の方は新しい教科書を買うようにして下さいね。

子供によると、『まずは動画で勉強をして教科書で確認する』という方法が頭に入りやすいとのことです。

【全ページカラー】 シンプルでわかりやすい解説と、イメージがわくオールカラーの板書
短時間の学習で確実に理解できるテキストで、丸暗記にサヨナラ!
[学科・実技対応 2020年9月、2021年1月・5月試験対策]

 

 

本当に役に立つyoutube動画2選

両学長リベラルアーツ大学

人生を豊かにする『生き方・考え方・お金の知識』を学べるチャンネルです。

両学長が大切にしているのは、「稼ぐちから」「貯めるちから」「増やすちから」「守るちから」。簡単な言葉でわかりやすく説明されているので、中高生でもわかりやすく学べます。

支出を抑える項目や、生きていく上での考え方の動画が特に充実しています。

 

両学長おすすめの金融教育方法については↓

動画でアップされている内容が書籍化されているのですが、必要な個所を検索できるので一家に一冊あると便利です。

日本一わかりやすいお金の教養チャンネル「リベ大」の誰も言わないけど、やれば人生が変わる〈お金の勉強〉超実践型バイブル! 経済的な不安がなくなり、貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う、一生お金に困らない「5つの力」が身につく!

 

 

中田敦彦のYoutube大学

子供とお金の勉強をするには、『学校では教えてくれない』シリーズがおすすめ。

ビジネス書の紹介や、成功するための思考法など、リベ大チャンネルと似通った内容ではあります。

が、この方はたくさんの本を熟読した上で、複数の本に書いてある部分が真実と仮定し説明をしてくれるところです。

解説がとても上手なので、視聴して面白そうな本が見つかれば読んでみることをお勧めします。

その他にも、読書・アニメ・英語学習・日本史・世界史・ヘルスケアなど取り扱う題材は多岐に渡るのですが、考察が深く素晴らしいです。

テンションが高すぎて合う合わないがあるとは思いますが、感情豊かに説明してくれるので、うちの子的には「大事な部分が心に残る」そう。

 

金融・投資関連の動画は、残念ながら投資家が損をする方向に導くようなものもあるので注意が必要です。

何にせよ一人の意見を妄信するのではなく、複数人の見解を聞き、疑問に感じた点は調べたりしながら自分の頭でよく考えることが大切です。

情報が間違っていたとしても、責任を取るのは自分ですからね。

 

金融教育は、生活能力を向上させるだけでなく、リスクマネジメント・生き抜くための考え方まで学べる大切な教育です。子供の将来が心配なら、学校の勉強だけではなくお金の教育もしていきたいですね。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。

 

みなさんのGOOD LIFEを願って。

Lots of love , ステファニー

ABOUT ME
ステファニー
ステファニーが運営する、ゆる暮らしブログ。 主に〚歯への投資〛〚SBI証券で積立NISA/米国ETF/米国個別株〛〚ゆるりと幸せに生きるための知恵〛についてUPしています。