隠れアスペルガー

隠れアスペルガーという天使

うちの子は特別な子。

隠れアスペルガーです。

アスペルガーという言葉は聞いたことがあると思いますが、『隠れアスペルガー』とは何ぞや?と思う方が多いのではないでしょうか。

 

隠れアスペルガーとは

アスペルガーの特性は持つものの、はっきとした診断名がついていない人のことを言います。

特性持つが未受診の人、治療の必要がない人、いわゆる『グレーゾーン』に属する人のことを『隠れアスペルガー』と言います。

診断がついているアスペルガーが100人に1人程度存在するのに対し、隠れアスペルガーは20~50人に1人程度存在すると言われています。

1クラスに1~2人。そう思うと決して少ない人数ではありません。

 

アスペルガーとは

アスペルガーは『自閉スペクトラム』という発達障害の中の1つです。

自閉スペクトラムには『自閉症』『高次脳自閉症』『アスペルガー』が含まれています。

共通する特性としては、『社会性に欠ける』『コミュニケーションが苦手』『興味や行動への強いこだわり』がありますが、アスペルガーは、『知的障害や言葉の遅れ』はなく、むしろ通常以上に『知的レベルが高い』ことが多いです。

代表的な有名人は、アインシュタイン/モーツァルト/スティーブ・ジョブズ/ビル・ゲイツ/イチロー/米津玄師など。書物などの記録から、織田信長やレオナルド・ダヴィンチもアスペルガーだったのでは?と言われています。

どうでしょう?並外れた才能を持っている人ばかりだと思いませんか?

このような人達は、特別な才能を持って生まれたために「ギフテッド」と呼ばれます。

アスペルガーの特性を持った人の中には、「ギフテッド」が存在すると言われています。

ギフテッドとアスペルガーは全く別の概念だという説もありますが、どちらも自閉症スペクトラムの要素を持っています。

日本では「頭はいいけどおかしな子」と定義されやすい反面、外国では特殊な才能を伸ばすために「ギフテッド教育」がなされています。

 

発達障害全体の割合は15人に1人程度、アスペルガーは100人に1人程度と言われています。

アスペルガーは人口の1%程度、日本には約126万人ほど存在します。

圧倒的に男性の方が多いと言われ、男女比は4:1程度です。

男子は理数系の才能、女子は文才がある場合が多く、男女ともに運動が苦手です。

コミュニケーションが重要視される日本では、悪い印象を持たれることの多いアスペルガーですが、苦手なことがある代わりに他の人より優れた才能を持っているのです。

男女ともに涼やかな目元が特徴的で、顔が整っている場合が多いと言われています。

 

アスペルガーの分類

おおまかに以下の4つのタイプに分かれると言われています。場合によっては3つや5つに分かれることも。

関わる相手によって、性質が変わることもあります。

1.孤立型

周囲に関心が薄く、コミュニケーションを拒絶するタイプ。

集団の中にいても、誰もいないかのように振舞うこともある。

自閉症に近い特性を持っています。

2.受動型

人とは関わろうとするが、自分から積極的にはならないタイプ。

誘われれば従い、主体性がなく流されやすいためストレスを溜めやすい。

隠れアスペルガーはこのタイプに多い。

短所よりも長所が多く、一生または大人になるまでアスペルガーであることに気づかれない場合もあります。

3.積極奇異型

人との距離感が掴めず、馴れ馴れしすぎるタイプ。

相手の反応に関係なく、心も体も距離感が近い。

空気を読めずに、一方的に喋り続けたりする。

大半の人が抱くアスペルガー像はこの型が一番近いかなぁと思います。

4.尊大型

高圧的な態度で、周囲を威圧するタイプ。

怒りやすく、他人の話に耳を貸さない。

正論を振りかざす。

 

うちの子の場合

うちの子は、アスペルガーとは全然別のことで児童思春期精神医学の先生にかかり、そこでアスペルガーの特性を持っていると指摘を受けました。

ただ、「恐らく他の病院ではアスペルガーという診断名をつけられるが、高い知能を備えているために、実生活に影響を及ぼしていない。治療や支援の必要がないので僕はアスペルガーと診断したくない」とも言われました。

そこで、アスペルガーの特性や接し方、進路についてのアドバイスを受けたので、詳細は後日記事にさせていただきます。

 

うちの子は珍しい女性のアスペルガーで、分類に照らし合わせると受動型の性質を持ちます。

 

 

うちの子にはこんな特徴があります。

【社会性】
・集団で遊ぶのは嫌いじゃない
・自分から誘ったり、話題をふったりできない
・世間話やガールズトークに意味を感じない
・同級生に対して敬語を使う
・他人を悪く思わない
・他人への不満や悪口を一切口にしない
・謙虚
・他人との競争・揉め事に興味がない
・基本他人に興味がない
・倫理に反することは絶対にしない
・空気を読み過ぎて、相手を尊重しすぎる
・他人が傷つくことは絶対に言わない
・いつも穏やか
・約束は絶対に守る
・とにかく優しい

【こだわり】
・環境や人間に慣れるのに時間がかかる
・環境を変えたがらない
・服装にこだわりがある
・独り言を言う
・眠れない
・知覚が敏感
・背後から近づかれたり、触られたりすることを嫌う

【その他】
・手先は器用だが運動は苦手
・頭が良い(体育以外はずっとオール5)
・同じことを続けるのは苦にならない
・何かを習得するのが早い
・集中力がすごい

うちのアスペちゃんは、他人を困らせるようなこともなく、同級生と喧嘩するようなこともなく、いつもフワフワ平和に過ごしています。

一緒にいると、とても心穏やかで幸せな気持ちになります。

 

小学校の頃から、先生方に「精神的にすごく大人で、頭も良く、同級生から一目置かれています」言われてきましたし、お友達にも「とにかく優しくて、人の嫌がることを絶対にしない信頼できる子」と言われてきました。

発達障害では?と言われたことは一度もありませんでした。

アスペルガーであろうとなかろうと、私にとっては、『ちょっと変わっているけど、純粋で天使のような自慢の子』です。

 

ただ残念ながら、閉鎖的な日本では、このような性質をもつ子は受け入れられにくいのも事実です。

日本の先生が求める模範的な子とは、愛想がよく、頭が良く、運動もでき、リーダーシップも取れる、友達100人作っちゃうような子ですよね。

このような日本で自分らしく生きていくために、親としてどうサポートしていけるか模索中です。

『素直を人を信じやすく、人に騙されやすい』という性質も持ち合わせているため、そんな我が子の特性からお金の教育の必要性を感じ、早くから取り組んでいました。

 

空気の読めない人がいたら、ネガティブな意味を込めて「アスペっぽいよね」という言葉を私は何度も耳にしたことがあります。

アスペルガーは障害ではなく、誰もがそうであるように『苦手なこともあるけれど、優れたところもたくさんある人間』です。

苦手なことは練習をすればいい。でも100点を目指さなくてもいい。

子供には、肩の力を抜いて自分らしく生きてほしいと願っています。

 

私はたくさんの人にアスペルガーについて知ってもらいたい。そんな思いから、娘のことをブログで公表させていただくことにしました。

すべての人が互いの違いを認め合い、尊重し、誰一人取り残されない世の中になってほしいと心から願っています。

 

 

 

みなさんのGOOD LIFEを願って。

Lots of love ,  ステファニー

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
ステファニー
ステファニーが運営する、ゆる暮らしブログ。 主に〚歯への投資〛〚SBI証券で積立NISA/米国ETF/米国個別株〛〚ゆるりと幸せに生きるための知恵〛についてUPしています。